忍者ブログ
借金の返済で悩んでいる多重債務者を食い物にする悪質業者の対策方法を紹介
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

借金をしている人の中には、債務整理という言葉すら知らず、相談する機関も知らない多重債務者がいます。
そういった多重債務者を食い物にする悪徳業者が存在します。
紹介屋・買取屋・整理屋などが借金に関する悪徳業者のいい例です。

借金の悪徳業者はの多くは、スポーツ新聞や夕刊紙、新聞の折り込み広告や週刊誌、電話ボックスにたくさん貼られたチラシ、インターネット、ダイレクトメールなどで宣伝しています。

借金の悪徳業者の宣伝内容はこうです。

「借入件数多い方でも即日融資します」「審査なしで多重債務者でも借りれます」「低金利一本化」

このように借金でにっちもさっちもいかない、切羽詰った多重債務者がすぐにでも飛びつきたくなるような文言を用いて多重債務者を集めています。

さも借金を解決できるかのごとく、その多重債務者に話を持ちかけ、多重債務者を食い物にしているのです。

借金の悪質業者は、名前も悪質です。

「日本債権管理センター」「オリーブの会」「全国労働福祉振興会」「生活改善友の会」などというように、消費者団体や被害者団体と間違うような名称を使用しているので、パッと見では怪しいとは思えません。


これらの業者は借金に関する業者として登録していることが多いので、さらにタチが悪いのです。
正式な貸金業者やNPO法人として登録されているので、多重債務者も安心して信用してしまい、騙されてしまうのです。

借金で苦しんでいる人たちは、藁をもすがる思いで助かりたいと願っているため必死です。
その必死さを利用して悪質業者たちがのさばっているというのが現実です。

PR

借金を解決しようと思っても、悪質業者や提携弁護士につかまっては解決には程遠くなってしまいます。
提携弁護士を見分けるには、特徴を理解することが肝心です。

まず、スポーツ新聞や折込広告、週刊誌の広告、DMなどで広告を出している業者から紹介されたら、ほぼ間違いなく提携弁護士です。

整理屋と組んでいる弁護士の特徴は、多重債務者との面談を弁護士自身が行わないことも最大の特徴です。
事務局長などという肩書きを持った人が面談をし、実際に弁護士が事情を聞いてくれない場合は、提携弁護士とみてよいでしょう。

また、弁護士費用が高額で、その明細についての説明が明確にないことも危険です。
一般的に、提携弁護士の報酬は、紹介屋や整理屋に支払う分高額にならざるを得ないからです。
そして、経過状況の説明を求めても、きちんとした対応をしてくれない場合も怪しむに足ります。

これだけでも相当な被害を被りますが、返済が困難な多重債務者に対して、返済資金を調達するために中国人などと偽装結婚を勧めている事務所も存在するようです。
気をつけてください。

整理屋とは、弁護士と手を組んで、その弁護士の名義を利用して債務整理を行っている人物です。

整理屋と手を組んでいる弁護士のことを「提携弁護士」といいます。
提携弁護士は、紹介屋に紹介料を払って多重債務者を紹介してもらい、整理屋に多重債務者の債務整理をやらせていることが多いのです。

整理屋は提携弁護士に名義借料として月に300~500万円程度を支払っています。
提携弁護士は整理屋に自分の名義を貸し、自分の事務所の職員として債務整理に当たらせているのです。

債務整理は整理屋が行っていて、提携弁護士は関与していないので、通常の依頼料金よりもさらに多額の料金を取られるケースがほとんどです。
手数料を払う債務者としては、整理屋への手数料に弁護士への名義貸与料をプラスした金額を支払わないといけないからです。

債務整理を依頼したら整理屋だったなんてことは珍しくありません。
ただ、整理屋に依頼して無事に解決することができるのであれば良いのですが、ほったらかしにされたり、利息制限法への引き直し計算も適当だったりと、被害を被ることのほうが大きいのです。


弁護士でない者が弁護士の名義を利用して債務整理を行ったり、紹介料をもらって弁護士を紹介することは弁護士法に違反しています。
整理屋に弁護士が名義を貸すことも、当然、弁護士法違反です。

整理屋や提携弁護士も弁護士法違反で逮捕されるものが増えてきています。

買取屋とは、多重債務者にクレジットカードで高額な商品、たとえば、プラズマテレビ・パソコン・カメラ・DVDレコーダー・ビール券や商品券などの金券などを購入させて、多重債務者からこれらの商品や金券を定価の3割程度で購入する業者です。


買取屋は、多重債務者から購入した商品をすぐさまディスカウントショップなどに転売することで利益を得ているのです。

「クレジットカード現金化」「ショッピング枠の現金化」「カードでお金」とうたっている業者も買取屋に含まれます。

多重債務者はすぐに現金が手に入ることから、最初は非常に喜び、人によってはすばらしいサービスだと思ってしまう方もいるかも知れませんが、騙されています。実態は、超法外な利息を取っている悪質業者です。


多重債務者が購入した商品は、後日、当然のように商品・金券の料金が請求されます。
一気に数十万円も借金が増えてしまうのです。しかし手にした金額はその3分の1程度しかありません。
買取屋の被害は、そのときになってはじめて騙されたと気づくのです。

しかも、新品の商品を購入したのであれば自分で中古ショップに売りに出したほうが、買取屋に買い取られるよりもお金になりますし。

買取屋の被害によるクレジットの請求によって、多重債務者の借金はいっきに膨れ上がりますが、多重債務で資金繰りに負われている多重債務者は、そこまで考えられる余裕がないのです。

 

紹介屋とは、消費者金融やクレジット会社を紹介するだけで高額な紹介料を請求する悪質業者です。

紹介屋自身は融資をこれっぽっちも行いません。

多重債務者がまだ借りていない他の消費者金融やクレジット会社を紹介して、さも自分が働きかけたから借りれるようになったかのように偽って高額な紹介料を請求するのです。

しかし、多重債務者が新たに借金をすることができるのは、紹介屋のおかげではありません。

というか、紹介屋はまったく関係ありません。


どういうことかというと、延滞等をしていない多重債務者は、ブラックリストに登録されているわけではありません。自転車操業をしていても返済に滞りはない状態であれば、「事故扱い」にはならないからです。


⇒ ブラックリストについて詳しく見る


紹介屋に頼まなくても多重債務者自ら借りることができたのに、高額な紹介料をぼったくっているのが紹介屋です。紹介屋の紹介料がどのぐらい高額かというと、借金額の20~50%を紹介料として請求しています。

もともと借りれるところに紹介して借金額の20~50%ですから、相当な高額だということがわかるでしょう。

100万円借りたとしたら、20~50万円もの紹介料ということです。

それを高金利で返済するのは多重債務者ですから、詐欺以外のなにものでもありません。


紹介屋は、どんどん詐欺罪で摘発されています。

また、紹介屋は弁護士と手を組んで、弁護士の事務所を紹介して紹介料を受け取っているような者もいます。



忍者ブログ [PR]
最新記事